Jiddu Krishnamurti texts Jiddu Krishnamurti quotes and talks, 3000 texts in many languages. Jiddu Krishnamurti texts

変質の催促

変質の催促’怖れ’

質問者:私はかつて常習癖になることをしていましたが今はしていません。なんで私はあらゆることが怖いのでしょう?私は朝怖くて身動きできずに目を覚まします。私はほとんどベッドから出られません。私は外に出るのが怖く、内にいるのが怖い。私は一人で運転しているとき不意にこの恐怖に襲われます、そして汗をかいたりそわそわしたり何が起こるか心配し、一日の終わりには完全に疲れきります。たまに、ほとんどないことですが、数人のとても近しい友人がいる会社で、両親のいる家で、私はこの恐怖をなくします;私は穏やかで楽しく完全にくつろぐのを感じます。今日車でここに来る途中、私はあなたに会いに来るのが怖かったですが、運転して来てドアまで歩くと突然この恐怖がなくなりました、そしてこの気持ちのいい静かなお部屋のここに座ってる今は一体自分が何を怖がっていたのか分からないほど幸せに感じます。今私には怖れがありません。笑顔もできますし本当に言えます:あなたに会えてとても嬉しい!でも私はここにずっとは居られませんし、ここから出るとき怖れの雲が私を再び飲み込むのを知っています。それが私が直面しているものです。私はこれまでとても多くの精神科医や精神分析医のところに行きました、あちこちで、ですがその人たちは単に子供時代の記憶を詮索するにすぎませんでした-怖れはちっとも去らなかったので私はそういうのにうんざりしています。

クリシュナムルティ:子供時代の記憶とその全ての無意味な考えは忘れましょう、そして現在に来てください。ここにあなたはいて、あなたはもう怖くないと言います;その瞬間あなたは幸せであなたがその中にいた怖れをほとんど想像できません。何で今怖れがないのでしょう?静かで明るく人好きのする全体のバランスがとれた部屋に品の良い家具と、あなたが感じるこの歓迎する思いやりの感じですか?今あなたが怖がらないのはそのせいですか?

質問者:それはその一部です。多分あなたもです。私はあなたがスイスでお話するのを聞きましたし、ここであなたのお話を注意深く聞いて、あなたにある種の深い友愛を感じます。でも怖がらないために心地良い家々や歓待ムードや親友に頼りたくありません。私は実家に帰ってもこれと同じ暖かい気持ちになります。でも家にいる丁度そのときに;家族全員がそれぞれにけち臭く囲い込んだ活気、彼らの口論、つまらぬことを大声で喋るその全ての下品と彼らの偽善に。私はその全てにうんざりしています。けれど彼らのところに行くとこの種の暖かさがあり、しばらくこの恐怖から解放されるのをまさに感じます。精神科医は私の怖れが何についてか私に教えられません。彼らはそれを「浮遊恐怖」と呼びます。それは黒く底なしのぞっとする穴です。私は大金と時間を分析に注ぎ込みましたがそれは本当に少しも助けになりませんでした。そういうわけで私は何をすべきでしょうか?

クリシュナムルティ:敏感になっているときにあなたはある種の隠れ家、ある種の安全を必要とするのにそれが見つけられない、あなたは醜い世界を怖れているということでしょうか?あなたは敏感ですか?

質問者:はい、私はそう思います。多分あなたが言うのとは別の意味で、でも私は敏感です。騒音、雑踏、この現代人の下品、今日あなたが行くところ全てであなたにセックスを投げつけるそのやり方、何らかの獣のようなつまらぬ態度に活路を見出す全ての商売が私は好きではありません。私は本当にこの全てが怖い-私が戦えないとか自分さえよければいいというのではないのですが、それが私を恐怖症にします。クリシュナムルティ:大抵の敏感な人は静かな隠れ家と暖かくて友好的な雰囲気を必要とします。彼らは自身でそれを創るか、彼らにそれを与えられる他者に頼るかします-その家族その妻、その夫、その友。あなたはそのような友を得ましたか?

質問者:いいえ、私はそのような友を持つのをいつも怖がっています。私はそういう人に頼るのをいつも怖がっています。

クリシュナムルティ:そういうわけでこの問題があります;敏感になること、ある種の隠れ家を必要とすること、そういう隠れ家をあなたに与える他者に頼ること。敏感があります、依存があります;その二つはしばしば両立します。又別の人に頼ることはその人を失う怖れです。それであなたはどんどん頼りますし、そのため怖れはあなたの依存に応じて大きくなります。それは悪循環です。あなたは自分がなぜ頼るのか知ろうと思ったことがありましたか?私たちは郵便配達人や物質的快適などに頼ります;それはまったく単純です。私たちは肉体的健康と生存のために人々と様々なものに頼ります;それはまったく自然で普通のことです。私たちは私たちが社会の組織面と呼んでいいものに頼る必要があります。でも私たちは心理的にも頼りますし、この依存が、安心を通して、怖れを育てます。なぜ私たちは心理的に頼るのでしょうか?

質問者:あなたは今や依存について私に話していますが、私はここに怖れについて話し合いに来たのです。

クリシュナムルティ:その両方を考察してみましょう、というのも私たちが見ることになるようにそれらは相互に関係があるので。私たちがそれら両方について話し合うのは嫌でしょうか?私たちは依存について話し合っていました。依存とは何でしょう?何で人は心理的に別の人に頼るのでしょうか?依存は自由の拒絶ではないでしょうか?家を、夫を、子供たちを、所有物を取り払ってみましょう-もしこれら全てが取り除かれたら人は何でしょう?自身に彼は事欠き虚しく道に迷います。それで彼が怖がるこの虚空の外で、彼は属性に人に諸信条に頼ります。あなたはあなたが頼るこの全てのものを確信しているので、それらを失うことを決して想像できません-あなたの家族の愛とその信頼。しかしそれでも怖れは続きます。そういうわけで心理的な依存のいかなる形態も必然的に怖れを産むことを一切の疑いの余地無くはっきりさせねばなりません、あなたが頼るものごとはほとんど不滅に見えるかもしれませんが。怖れはこの内側の不足、貧困、虚空の外で生じます。そういうわけで、私たちに三つの問題-敏感、依存、怖れ-があるのがお分かりでしょうか?三つは相互に関係があります。敏感を例にあげましょう:あなたは敏感になればなるほど(あなたが依存なしで敏感であり続ける方法、悶え苦しみなしで隙だらけでいる方法を理解していない限り)、依存します。では依存を例にあげましょう:あなたは頼れば頼るほど、いとわしさと自由への切望が大きくなります。自由へのこの切望は怖れを助長します。というのもこの切望は反抗であり、依存からの自由ではないからです。

質問者:あなたは何かに頼ってますか?

クリシュナムルティ:もちろん私は肉体的に食事、服、住まいに頼っていますが、心理的には、心の中で、何にも頼っていません-神にも、社会道徳にも、信条にも、人々にも。ですが私が頼っているかどうかは見当違いです。そういうわけで続けますと:怖れは私たちの内側の虚空、孤独、貧困の気づきで、それについて何もできない気づきです。私たちは依存を産み、また一方依存によって増大されるこの怖れとのみ関わっています。もし私たちが怖れを理解するなら私たちは依存も理解します。そういうわけで怖れを理解するためには発見する敏感、それがどのように本性になるか理解する敏感がなくてはなりません。もしその人が少しでも敏感ならその人は自身の異常な虚空を意識します-常習癖になることの一般に信じられている楽しみも聖職の楽しみも社会のおかしさも満たせない底なしの穴:何もその穴を決して埋められません。これを知ると怖さが増します。これがあなたを依存せざるを得ないようにして、この依存があなたをもっともっと鈍感にします。そしてこれがその通りだと知るとあなたはそれにぎょっとします。そういうわけで私たちの問題は今:その人はこの虚空、この孤独をいかに越えて行くか-いかに自己満足するかでなく、この虚空を永遠のものであるかのようにいかにしてごまかすかでなく。

質問者:どうしてあなたはそれが自己満足の問題ではないと言えるのですか?

クリシュナムルティ:というのももしあなたが自己満足していればあなたはもはや敏感ではありません;独り善がりで無感覚で無頓着で密閉されています。依存なしには依存を越えられませんが、自給自足になるという意味ではありません。心はこの虚空を直視して生きられるでしょうか、どこにも逃げ出さずに?

質問者:私が永遠にそれとともに生きる必要があると考えると気が狂いそうです。

クリシュナムルティ:この虚空から離れるいかなる動作も逃げです。又「何が」から遠ざかった、あることからのこの飛躍は怖れです。怖れはあることからの飛躍です。何がが怖れなのではなく;飛躍こそが怖れです、これがあなたの気を狂わせます、その虚空そのものではなく。ではこの虚空は何でしょう、この孤独は?どのようにそれは生じたのでしょう?間違いなくそれは秤と値踏みからですよね?私は私自身を聖人、家長、偉大な音楽家、分かっている人、辿り着いた人と比べます。この比較で私は自分自身が不足していて不十分であることを見つけ出します:私には才能が無い、私は劣っている、私は「気づいて」いない;私は違う、その人はそうだが。それで値踏みと秤の外に虚空と虚無のものすごい空洞が現れます。この空洞からの飛躍は怖れです。怖れは私たちがこの底なし穴を理解させないようにします。それは自身を養うノイローゼです。もう一度、この値踏み、この秤がまさに依存の本質です。そういうわけで私たちは依存、悪循環にまた戻って来ました。

質問者:私たちはこの議論で遥かによくなったしものごとがよりはっきりしています。依存があります;頼らないことは可能ですか?はい、私はできると思います。であれば私たちは怖れをいだきます;虚空から少しも逃げ出さないでいられるか、つまり怖れを突破しないで?はい、私は可能だと思います。それはつまり私たちが虚空と一緒に置き去りにされているということです。それなら私たちが怖れを突破してそこから逃げ出すのを止めたらこの虚空を直視できるか?はい、私は出来ると思います。結局値踏みしたり秤にかけたりしないことが可能か?私たちがこんなに遠くに来れたなら、私は私たちがそうしたと思いますが、ただこの虚空だけが残ります、そしてこの虚空が比較の結果だと分かります。あるいは依存と怖れがこの虚空の結果だと分かります。そういうわけで比較、虚空、怖れ、依存があります。私は本当に秤や値踏み無しに一生を送れるでしょうか?

クリシュナムルティ:もちろんあなたは床にカーペットを敷くのにはかりが必要です!

質問者:そうです。私は私が心理学的な比較無しで生きられるかということを示しています。クリシュナムルティ:あなたが生涯、比較-学校で、ゲームで、大学で、オフィスで-するよう条件付けられたとき心理的比較無しで生きることの意味が分かりますか?比較無しで生きる!その意味が分かりますか?それは依存しない、自己満足しない、捜し求めない、訊かない(※);これゆえそれは愛することを意味します。愛は秤にかけませんので、愛に怖れはありません。愛は自身を愛として気づきません、言葉はそのものではありませんので。


注釈

LONGMAN Active Study DICTIONARY OF ENGLISH(1991年)という英英辞書に書いてあるその語の説明の和訳

原文はaskです。

1 あなたに何かを教えるように誰かに尋ねること:私は質問していいですか?|彼女は幾つかの難しい質問を私にした。|私は彼が誰だか彼に聞こうと思う。|私たちは次にどこに行くか聞く必要がある。|彼は私が一杯欲しいか聞いた。|「とし幾つ?」と彼女は聞いた。

□役立つ見本 質問をする;誰かに質問する;誰が、どこで、なぜ、何で、等と(誰かに)質問する;「...?」彼は聞いた

2 あなたに何かしてくれるように誰かに言うこと あなたに何かして欲しいと誰かに言うこと:彼女は幾らかの金を貸すように私に頼んだ。|私は誰かに私のために私の金を整理して欲しかった、そういうわけで私はジムに頼んだ。 3 あなたに何かくれるように誰かに言うこと 私はテーブルに座って一杯お茶を頼んだ。|彼女は決して私に金を頼まない。 4 電話をかけて違う人が出たとき呼び出してくれるようお願いすること 私はオフィスに電話してジェーンに取り次いでもらった。 5 誰かをどこかに招く:私は彼女に一杯どうかともちかけた。|彼はパーティーに招かれなかった。 6 誰かが元気にしてるかどうか尋ねる:私はマークに町で会い、彼は私が元気か尋ねた。 7 問題を招く あなたの苦しみの原因となるように行儀よくする

■用法 askとinquireとquestionの比較。askは質問に使う普通の動詞:「あなたはいつ生まれたの?」と彼は聞いた。|彼は私に時間を聞いた。enquire(つまりinquire)はより礼儀正しい:「あなたの誕生日は何ですか?」と彼は聞いた。しかし私たちはenquireを代名詞目的語(私に、あなたに、彼に、彼女に、私たちに、彼らに)の後に使えません(翻訳者:英語では前に)。動詞questionは「誰かに沢山の質問をする」という意味です:その警官は数時間に渡って容疑者に沢山質問した。

変質の催促

変質の催促’怖れ’

ジッドゥ・クリシュナムルティ日本語

ジッドゥ・クリシュナムルティの話 変質の催促

suntzuart

the 48 laws of power